So-net無料ブログ作成
検索選択
潜在意識に任せろ ブログトップ
前の5件 | -

潜在意識に任せろ 21 [潜在意識に任せろ]

「しっかりとイメージをして仕事をしたけれど、思い通りに行かなかった」なんて事があっても、最高の出来事が起きている、「ありがたい、面白い、嬉しい」と思う事です。

習字でも踊りでも計算でも上手い人は何度も練習をしています。バッティングの本を読んで誰でもすぐにヒットが打てるようになるわけではありません。将棋の指し方の本を読んですぐに将棋が上手くなるわけではありません。

実戦して楽しんでいく中で、自分の感情に意識を向けて、何が潜在意識と調和していない思いなのかを知って、いずれ自分自身のコントロールも可能になります。

どの様な結果であっても「ありがたい、おもしろい、うれしい」と思うことが重要です。成功の選択をして、最高の結果を得られたんだと思うことです。本来の自分(潜在意識)を信じられるようになれば、潜在意識は常に最高の選択をしてくれます。

Aさんは夫婦で、都内のある場所に自分のビルを所有することが夢でした。ある日、駅の近くのビルが売りに出されていることを知って、さっそく不動産屋さんに連絡をしました。

このビルは裁判中、いわゆる事件もので、一等地にあるにもかかわらず、何年も空き家のままになっていました。ご主人に相談して「このビルを買おう」と話をして、ご主人も乗り気になりました。さっそくイメージを始めます。契約の話が進められるだけの準備も始めました。

「さあ、契約の話をしよう」という時にAさんが「ちょっと待って。ちゃんとイメージをしてから話を進めましょう」とご主人に話して、しっかりとイメージを描いた翌日に不動産屋さんに連絡をしました。

しばらくして不動産屋さんから、「一足違いで、別の不動産屋さんが話をまとめてしまった」と連絡が入りました。

ご主人は「イメージトレーニングなんてこんな馬鹿馬鹿しいことをやってる間に先を越されてしまったんだ!」と、かなりのお怒りの様子でした。Aさんは「今最高のことが起きているだよ。ありがたいことなんだよ」と、ご主人に話しましたが、怒りは収まりません。

元々Aさんが思い立って始めたイメージです。Aさんは「自分の潜在意識が選んだことなんだから、きっと最高の選択をしたんだ」と信じて、「あ・おう」を続けていました。

2週間後に駅の近くで大火災が発生しました。火災があったのは、契約しようと思っていたそのビルでした。もしも、慌てて契約をしていたら、とんでもない借金を負う羽目になっていたのです。

「癌は消せる」でのお話に似ていますね。「自分の思惑通りに事が進まないが、全て自分の都合の良い結果を選択している」なんて事は、潜在意識のお陰です。潜在意識は自分の知恵を越えた賢明な選択を常にしてくれます。潜在意識に任せてしまいましょう^^

↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

どなたでも参加できます。みんなで豊かさを引き寄せてみませんか^^

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

潜在意識に任せろ 20-3 [潜在意識に任せろ]

「健康」は手段です。目的がなければ手段は白昼夢となってしまいます。ゴールをイメージすれば、必要な手段は自ずとやってきます。

子供の頃に「今度の日曜日に遊園地に行くんだ」なんて嬉しい予定が待っていると、待ち遠しくてワクワクとしたはずです。プレゼントは何か、とクリスマスを待ち遠しく思ったはずです。これから先自分の人生でどんなことをやりたいか、何を望んでいるのかイメージします。「この先も楽しくて面白い人生が続くんだ」というイメージを持つことが大切です。病気を忘れるほどワクワクする嬉しい予定を作って、自分と嬉しく楽しい約束をしましょう^^ 

自分のイメージに健康であることが必要であれば、「潜在意識」は健康になるための選択をしていきます。潜在意識が健康のスイッチを押します。

秘訣は「今、楽しむこと」です^^

自分がこれからやってみたいことを紙に書いてみてください。いくつ書いても構いません。「これは無理だろう」なんて勝手に書くのをやめない事です。思うだけなら自由です。自分からゲームを降りてしまわないことです。バカバカしいと思うような恥ずかしいことでも、どんどん書いていきましょう

自分が楽しいと思えることをイメージしてみることです。旅行に行きましょうか?コンサートはどうでしょう?自分でコンサートを開いてもいいですね^^ 同窓会を企画してみるなんてどうでしょう?新しい家を建てますか?自分でログハウスを建ててみるなんて面白いと思いませんか?子供の頃にやってみたいと思った事を思い出すのも良いかもしれません。後から思い出してどんどん付け足しても構いません。

書き尽くしたら、やりたい事を半分選んで下さい。自分の夢を選択していくことは楽しい事です。

半分を選んだら、更にその中から半分を選び、また更に半分を選びます。最後に、他のことは後回しにしても、やりたいと思う、夢中になれることを残します。このゲームは何回やり直しても構いません。自分のやりたい事は何か知りたいと思って始めた瞬間から、潜在意識によって自分が欲しいものを見つけるプロセスが始まります。無理かどうかなんて構わずに自由に書いているうちに、潜在意識は前向きな思考を助けて、心の奥底に忘れさられていた夢を思い出したり、新しいアイデアを見つけたり、数日の間はやりたい事が後から追加されます。

どんな些細なことでも、やりたいと思ったら書き足して、またやりたいもの探しのゲームをやり直します。このゲームをやっている間は、常に病気が治った後の自分を創造しています。

やりたい事が決まったら、ゲームのやり直しは必要ありません。人は選ばなかった方に未練を残します。だから、「最高の選択をした」と思って、他のことは全て後回しにします。「やっぱりダメそうだから変えよう」なんて思ったら本当にやりたいことではないのでしょう。最高の選択をしたという事は、あれもこれもと、他のことに迷う自分を手放すことです。

やりたい事が決まったら、イメージを具体的にしていきます。具体的なイメージもどんどん紙に書いて下さい。

旅行でしょうか? 年に何回行きますか? まず最初は誰と行きますか? 家族と健康を祝って行く様子を思い浮かべると楽しいでしょうか? 家族は喜んでいますか? 自分が旅行に行くことで誰が一緒に幸せを感じてくれていますか? 場所は?国内ですか海外ですか? 沢山候補が有ればまた、半分ずつ絞っていきましょう。旅行のパンフレットや雑誌を取り寄せませんか?具体的に行く場所をイメージして、そこに自分がいる様子もイメージします。旅行先でやりたい事も書きましょう。お土産は何でしょう?帰ってきたら写真を見直してみんなでワイワイ楽しんでいる様子も。細かく、日記を付けるつもりで書いてください。

具体的に「自分が旅行に行くんだ」とイメージできるものを買いましょう。旅行に着ていく時に下ろす服でも、旅行先で使う新しいバッグでも、海外旅行なら現地の通貨を両替して手元に置いてもいいですね^^

「自分の人生は元気でこの先にもずっと楽しい出来事があって当然だ」と、人生のシナリオを紙に書いて下さい。ごちゃごちゃになってきたら整理して書き直してください。

このゲームを夢中になったAさんは、自分のイメージした家を実際に建てました。方眼紙を買ってきて、毎日毎日、自分のイメージする家の間取りを「こんなふうにしよう」と何度も書き直しました。特にキッチンは念入りでした。10畳程の広さを取って、自分が思い描く理想のキッチンを思い描きました。自分がこの先、喜んで料理が出来るキッチン。「この家で一番素晴らしい場所をキッチンにしよう」そして友達を呼んで「うわーすごい!こんなキッチン羨ましい」とみんなに羨ましがられている様子。新しい家に沢山のお客さんを招待してパーティーを開いている様子。実際に高級なコーヒーカップを買って、常に目につく場所に置いて、新しい家で使うことを楽しみにしていました。

もちろんAさんの創造は全て叶いました。20畳のリビングには毎月友達を招いて元気に楽しくパーティーを開いています。イメージトレーニングで望むことよりも難しいのが、欲しいものが手に入ると信じること。自分の創造を信じることです。「どうやって望みを叶えようか」等と心配する必要はありません。

心配をすると心配事が叶ってしまいます。旅行に行くなら「まずお金をどうしようか」「働かなくちゃ」「休暇を取らなくちゃ」等と心配事をする度に、自分の望みから焦点がずれていきます。手段に囚われてしまうんですね。最後は「病気が治らないことには・・・」と、旅行に行く望みが、いつの間にか病気を治すことにすり替えられてしまいます。望みは病気を治すことでも、働いて収入を得ることでも、休みをなんとかすることでもなかったはずです^^;

どんな病気でも「大変だ」と思ったら、大変になってしまいます。「私は病気になんて構ってられないの。まだまだやりたい事が沢山有るんだから」と思っていれば、その程度のことで済んでしまいます。潜在意識は、自分がより強く関心を持っていることを実現させます。

バカバカしいと思うような恥ずかしいことをイメージ出来ない、好きな事を好きなようにイメージできないのは、自分の意識で「やりとげられるか」、と考えてしまっているのです。自分で潜在意識にブレーキをかけてしまいます。やるのは「今の自分」ではなく「本来の自分」、潜在意識です。健康のスイッチは、潜在意識が押します^^ 潜在意識に任せてしまいましょう^^

イメージトレーニングはバカになって楽しむことです。バカになって意識を飛ばし、本来の自分と調和します。秘訣は今を楽しむことです。今を楽しめば夢は実現します!

↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ



nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

潜在意識に任せろ 20-2 [潜在意識に任せろ]

車輪と車軸をつなぐ油(オイル)の空間(オイルクリアランス)を「油とり(ゆとり)」といいます。

ゆとりがないと、車がスムーズに動きません。笑顔や「ありがたい」と思えるのは「ゆとり」です。 実際に痛かったり、常に病気に心が囚われていると、「ありがたい」と思うのは難しいと思うでしょう。実際にその場面の直面すれば自分を差し置いて、家族を「ありがたい」と思う「ゆとり」もないと思います。

自分の心のな中の「ゆとり」は、他人が作ることは出来ません。自分自身で作っていくしかありません。自ら、今までの自分にない新しい思考を受け入れる隙間を作らなければ、潜在意識には届きませんし、新しいスイッチも押すことが出来ません。

多くの成功者、運のいい人、ツイている人、は「譲る」というゲームを楽しんでいます。以前にアメリカの軍医の話を聞きいたことがあります。ベトナム戦争時の野戦病院では、多くの傷ついた兵士で溢れていました。多くの兵士が、いかに自分が苦しくて痛いかという事を大きな声でわめいたり、人を押しのけて「まず自分の治療を」と、訴えていたそうです。

ところが、「自分は後でいいから」痛みを訴えている人に譲れる兵士達は、怪我の大小に関係なく、痛みの方はずっと軽く見えるのだそうです。彼等は、自分を差し置いて相手に譲る、という心の穏やかさを持っています。

心の安らぎや、穏やかさ、笑顔、感謝の効果は、脳からα波が出てきます。α波が出ている状態が、いかに健康にいい状態を作るかは何度も説明したとおりです。暑ければ勝手に汗が出てくるように、人間が意識して出来ないことは、全て潜在意識がやってくれています。潜在意識にどんなスイッチを押させるかは、自分の意識がどんな思考を送ってきたかという事です。

自分が健康であれば病人にその席を譲ることは簡単でしょう。満たされていれば施すことも簡単でしょう。イメージトレーニングは、自分が望んだ状態になりきることです。今そうであるかのように楽しんでしまえば、その創造が潜在意識に届きます。

今まさに自分が、健康である、満たされている、となりきって、「譲る」ゲームを始めてみませんか。病気になってどれだけ「ありがたい」と思えることがあるか、探してみて下さい^^ そのスタートをしてしまえば、もう健康になり始めています^^

↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!?
人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

潜在意識に任せろ 20-1 [潜在意識に任せろ]

健康になりたいですか? 

人間の身体はおおよそ11ヶ月毎に作り直されています。人間の身体を構成する細胞の入れ替わりは、皮膚は1ヶ月、肝臓の約96%は約1ヶ月、血液は3ヶ月で新しい細胞と入れ替わるそうです。

脳は1ヵ月で約40%、1年ですべて入れ替わるそうです。一番遅い骨でも約2年。つまり人間は1年も経てばほぼ別人。今から健康な肉体へと作り直すことも可能です^^

まず現状を、「私はツイている」「私は運が良い」と思って「ありがたい、おもしろい、うれしい」と受け入れることからスタートします

病気でご飯が思うように食べられない人は、食事のありがたさが判ったと思います。足腰が痛いなら、健康であることのありがたさが判ったと思います。当たり前のことが、ありがたく思えます。「そうだ」、と思って笑顔になったら健康になれます。

家族がいることを当たり前だと思っていませんでしたか?身近な人が「ありがたい」とどれだけ思っているでしょうか?^^

病気になってどれだけ「ありがたい」と思えることがあるか、探してみて下さい^^

不満や不都合といった心に心地よくない思考は、創造力を削っていきます。イメージすることをやめてしまいます。次第に心が冷めていって、感動する事が少なくなります。「あ・お・う」は心を感動させる遊び(トレーニング)です^^

遊ぶことで病気を引き寄せたこれまでの自分の意識を壊してしまうことです。自分の創った自己像や世界観が強すぎると、「自分の姿」や「病気」を決めつけてしまいます。いわゆるガンコな人ほど「自分は病気である」という意識に凝り固まってしまうんですね。

「突き詰めて考えないこと」、「物事に執着しないこと」、「判らないことがあっても、解釈するのではなく、枠にはめることをしないこと」が大切です。

人間は自分が創造出来ないことを受け取ることが出来ません。自分が何を思って創造を始めるかが重要です。まずは心の中にある悪い意識の固まりを壊すことです。これまでの思考が「今」という結果を受け取っているですから、これまでとは違う思考をして、「今」(病気)とは異なった結果を受け取るのです。

今まさに、痛みで耐えられない人に「イキイキワクワクすることですよ」と言っても難しいことかも知れません。だからこそ、やる価値があります。

「自分は同じでも、身体は絶えず入れ替わっている」と、知識として持っていても、信念はそれを受け入れることを拒否してしまいます。

2000年6月に、遺伝子についての事件が起こりました。人体の染色体に含まれる遺伝子の数が3万個しかなかった事が判明したのです。それまでは10万個の遺伝子が存在していて、それぞれが人体に必要なタンパク質を作っていると思われていました。

一つの遺伝子が必要とされる一つのタンパク質を作り機能すると思われていたのですが、実際は一つの遺伝子が複数の役割を担っていたのです。遺伝子は、自分の役割にあったスイッチをオンにしているのです。

遺伝子のスイッチを押してきたのは誰でしょう?

それは潜在意識です。人間が意識してやっていることはホンの一部です。私達は生活のほとんどを潜在意識に任せています。「息をしよう」とか、「消化をしよう」等の生命維持、髪の毛を掻く癖や、右足から靴を履く癖、なんて習慣的な行動は、潜在意識にその仕事を譲り渡している為に、いちいち「こうしよう」と思わなくても無意識で出来るようになっています。

潜在意識には、顕在意識からしか到達できません。自分の思考習慣や信念が、潜在意識にどんなスイッチを押させてきたかが想像できます。私達は意図的にイメージをすることで、潜在意識に、健康な遺伝子のスイッチを押す仕事をさせることが出来ます。

健康のスイッチを押しましょう^^

難しい遺伝子の仕組みを知る必要はありません。全ては思考から始まります。「健康のスイッチを押している」、というイメージで良いんです。私達は「意識」を変えるだけで、どの様な結果も受け取ることが可能です^^

そして実際に押してみるのです。笑顔が、遺伝子の働きを変えたり、NK細胞を活性化させることはこれまでにお話ししたとおりです。「ありがたい」と思える力が体中に起こってきたら、それが免疫を作るエネルギーとなります。常に働いている遺伝子はたったの3%です。たったの3%に支配される必要はありません。眠っている遺伝子を起こしましょう^^

力が自分にあると信じて心から望めば、
どんなこともできるし、
どこにでも行けるし、
どんなものにでもなれるし、
どんなことも叶います。

↓ 信念をぶっ壊せ!
↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

どなたでも参加できます。みんなで豊かさを引き寄せてみませんか^^

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

潜在意識に任せろ 19 [潜在意識に任せろ]

漠然と「欲しいなあ」と思うのと、「願望を持つ」「望んでみる」事は違うんだと思いませんか?^^

いつか独立して経営者になりたいですか? それならば、経営者になったつもりになることです。どんな場所にオフィスやお店を構えて、授業員は何人居るか。自分の仕事は社会の為にどんな事に貢献しているのか。既に経営者となっている自分をイメージします。まず望むことで、創造の半分は完成したようなものです^^

今の仕事に不満を持っていませんか?もっと高い給料が欲しいと思っていませんか? スタートは自分の仕事を喜ぶことです。経営者の視点で自分の職場を見てみると面白く感じることも出来るのではないでしょうか?^^

身だしなみを整えて礼儀正しくしよう。ベストを尽くして毎日何か新しいことを学ぼう。自分が給料を渡す立場になって、社内を見渡してみよう。勉強するにはお金が要るが、この会社は勉強もできる上にお金までもらえる。

願望の無い後ろ向きの思考からは、「楽しい」と心が感じる事が鈍くなっていきます。願望を持って前向きに思考すると、色々な角度から色々な物が見えてきます。もっともっと心の底から沸いて溢れ出てきます^^ 私達は楽しいことが好きでしょう?^^

具体的な創造を始めたら、望みが叶う為に必要な事は、潜在意識から贈られてきます

会社の経営が上手くいっている様子を創造したら、「そうなったつもり」になりきることです。自分が楽しいと感じて先取りすると、イメージは更に具体的になります。成功者の多くが様々な寄付をして社会に還元しています。お金が欲しい人は、もうお金持ちになったつもりで寄付をしてみませんか^^

多くの成功者は「人に譲る」というゲームを楽しんでいます。石油王ロックフェラーは7億5千万ドルの寄付をしました。鉄鋼王アンドリューカーネギーは6億5千万ドルの寄付をしました。このゲームを楽しんでいる人は探せばいくらでも見つかります。

大方の人が「お金持ちになったら沢山寄付をしよう」「休暇が取れたらゆっくり休もう」等と考えます。これは「今、自分が豊かではない」というイメージです。このイメージを続けている限り、「○○になったら」という現状を引き寄せ続けます。

毎月、税金が差し引かれているのを恨めしく思わない事です。見ないようにしていたのならしっかりといくら払っているかを確かめましょう。税金を支払うことは多くの人を助けています。自分の福を分け与えています。社会の豊かさを作っています。

毎月の水道光熱費やローンの支払いに「またお金が出ていく」等と思っていませんか? 10人の従業員を抱えれば、10人分の給料を支払う必要があります。「支払うお金が惜しい」と思って支払うのと、喜んで渡すのでは、受け取れる結果が異なってきます。

「支払いたくない」という思考が強すぎると、いつか「支払えない」という現実を引き寄せます。喜んで寄付が出来る人や、喜んで支払える人は、その意識が潜在意識に届きます。潜在意識は「もっと多くの人が喜ぶことをしよう。もっと寄付をしよう、税金を払おう」と、沢山のお金が入ってくる選択をします。

有るから与えることが出来るのではありません。与えるという行為が、有るという現実を引き寄せます。

テーブルを作ることをイメージしてブックスタンドを作ることは出来ません。人生劇場で貧しい役柄を演じているうちは、舞台上にはその役柄に相応しい状況しか顕現しません。自分がイメージして、豊かな役柄を演じれば、豊かさが訪れます。

本当に自分がやりたい事や、なりたい自分を望んだなら、周りの人に、社会に、家族に、何をしてあげたいか、何を与えたいかを、自分が豊かになったつもりで振る舞う事です^^

↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます! 
人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

どなたでも参加できます。みんなで豊かさを引き寄せてみませんか^^

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 潜在意識に任せろ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。