So-net無料ブログ作成
人生を楽しむ ブログトップ

人生を楽しむ 2 [人生を楽しむ]

そんな叔母さんがガンになったのが2年前。もう歳のようです。Yさんは杉浦さんを呼ぶ事にしたそうです。杉浦さんは

「この先もっと長生きして楽しむ事も出来ますし、このまま安らかに死ぬ事もできますよ。あなたのやりたい事をしなさい」

と話をされ、おばさんは

「私の人生は本当に楽しかった。もう十分に生きました。このまま死のうかと思います」

と、打ち明けたそうです。

Yさんの話では、数日後、叔母さんは眠るように安らかに息を引き取ったそうです。実はこの叔母さんの死に方はとても貴重な事例らしく、介護の人が「ガンの方が死ぬのに、苦しむ事も無く、介護や周りの人の手も、気を煩わせる事も無く、こんな幸せな死に方は、そう有るものじゃない」との話。 

後日、専門の方が来て、「貴重な介護の事例として、今後の介護の研究や学会での発表の為に、介護中の情報や介護データを譲って欲しい」と言われ、Yさんは快く承諾したとの事です。

大方の人は自分の死は選べないと思っているでしょう。どんな死に方をするのか選べないと思っているでしょう。大方の人は死ぬ準備が出来ていないのです。

死ぬ時には何もかも手放さなければいけません。物もお金も、地位も、名誉も、人も。全てと、お別れです。

自分のこだわりや、思い込みが手放せない人が、病気を長患いして、なかなか死ねないのではないのかと思います。「あいつだけは許せない」「やっておけば良かった」「この○○を人に取られるのではないか」「残った家族が気になる」、等と思いを残すほどに苦しむのではないかと思います。

死の直前まで元気に生きて、「ああ、楽しかった」と人生を終えようではありませんか^^


↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人生を楽しむ [人生を楽しむ]

あおう会にYさんという方が来ています。Yさんの叔母さんは、夫を亡くし、子供亡くし、色々な人に裏切られたりで、気の触れたような生活をするようになってしまったそうです。自分の宗派のお寺に頼って、御守りの類も色々と購入し、おばさんの面倒を見ていたYさんも、一緒にその宗派へと傾倒していったそうです。

お寺へ収めるお金も馬鹿にならないし、やめてしまおうかと思っても「この状態で済んでいるのは信仰のおかげで、やめてしまえばもっと酷い事になります」と言われると、どうしてもやめられなくなって行ってしまったそうです。

しかしおばさんの状態は一向に良くなる事も無く、どうしたらいいのかと悩んでいると、知人から、ガンから生還した僧侶、杉浦さんに会ってみてはと、紹介をされて杉浦さんに会う事になったそうです。

叔母さんを連れて杉浦さんに会って事情を話してみると、杉浦さんは、

「その信仰をやめてしまっても、悪い事なんて起きませんよ。悪い事が起きると思ってやめたら起きるし、やめたって悪い事なんて起きないと思えば起きません。全ては自分次第です。過去に何があったかどうかなんて関係ありません。自分の人生を、今から自分でどうやって楽しむかは、全て自分次第です。「ありがたい」と思って今を楽しめばありがたい人生を送れるし、面白いと思って今を楽しめば面白い人生を送れます。」

といったような事を話されたそうです。Yさんも、叔母さんも、フッと肩の荷が降りたような気持ちで、その宗派を離脱したそうです。

それから叔母さんは、自分で決めて自分で楽しむんだと、「ありがたい、おもしろい、うれしい」を実践し、色々な所に積極的に顔を出し、人付き合いもよくなり、今までの人生で色々な事に追われて出来なかったことにもチャレンジして、まるで別人のように、明るく朗らかになったそうです。

そんな叔母さんがガンになったのが2年前。もう歳のようです。Yさんは杉浦さんを呼ぶ事にしたそうです。

↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
人生を楽しむ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。