So-net無料ブログ作成
信念・思い込み ブログトップ
前の5件 | -

信念・思い込み 6-3 [信念・思い込み]

類似した制度がいくつか有ったものの、正式に「ぶらぶら社員制度」と言う名前を付けたのが、お茶漬けで有名な「永谷園」だそうです。

永谷社長が、能登さんという社員に「会社に出勤しなくてもいいから、新商品開発のヒントになるような自由な行動を認める」と辞令を出し事が始まりでした。能登さんは一流のお店を食べ歩きました。使ったお金は翌日には即補充されて、いつでも好きなように使えました。

「レポートは要らない、何かひらめいたらおれの所に来い」と言われていた能登さんは、数日に一度出社して社長と話をする以外は会社に行くことはありませんでした。

能登さんが数ヶ月間食べ歩きをして判ったことは、「自由に飛び立たないと新しいものに出合えない。」ということでした。日本全国の食べ物を食べ歩き、ついには海外へ。2年間ぶらぶらして、訪れた国が5カ国、訪れた店は220件。その成果は、和田あきこさんのCMで有名なヒット商品、現在でも年間20億~30億を売り上る「麻婆春雨」を世に送り出す事になったのです。

2001年に、永谷園でぶらぶら社員制度が復活しました。

指名された社員は、「スーツ姿のままでは不自然な場所もある。朝一番でもスーパーを覗ける自由が必要だ」と、勤務時間と服装の自由を会社に要望しましたが、会社側は「節度を持て」と却下したそうです。

ぶらぶら社員は5人一組のチームでした。

能登さんは、一人で自由な行動を許されて、自由に遊び、その遊びの話を社長にするだけでした。一方、5人のチームはお互いに意識して、自由な遊びが出来ませんでした。その責任感も5分の1で済むのです。

5人チームという「小さな組織」が出来ただけで、ぶらぶら社員の本来の中身「自由」はなかったのです。5人は意見がまとまらずに、何も具体化できないまま、わずか半年でぶらぶら社員は消滅したそうです。

常識から外れてみませんか?
馬鹿になってみませんか?
遊び心を養ってみませんか?

~アルフレッド・D・スーザ の言葉より~
幸せは旅であり 目的地ではない
踊れよ 誰も見ていないかのように
恋せよ 一度も傷ついたことがないかのように
歌えよ 誰も聴いていないかのように
働けよ 金が必要でないかのように
生きよ 今日が最後の日のであるかのように 

いつどんな時でも笑って「ありがたい、おもしろい、うれしい」と思い直すのです。

↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

【あおう会・創造の集い】HP

nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

信念・思い込み 6-2 [信念・思い込み]

有る一定の条件で色が変わったり、発熱したり、形の変わる材料があります。知的素材、知的材料といわれる物で、形状記憶合金はその代表といってもいいでしょう。ところがそういった素材は、開発はされたものの、私達の生活にどうやって役に立てるの?という使い道が問題でした。

最初に、知的素材がマーケットに受け入れられたのは、形状記憶合金を使ったブラジャーでした。

ワコール中央研究所の篠崎さんという方が、1年の期限で「ぶらぶら社員」をやっていた時に、形状記憶合金の話を聞いて「ブラジャーに使えるかも」と、開発が始まったのです。

型くずれのしないブラジャー「ソフィブラ・ここちE」は1986年に発売。春から夏までのキャンペーンでの売上が60万枚という大ヒット商品となりました。「ぶらぶら社員」という遊びが大ヒット商品を生み出したのです。

「ぶらぶら社員制度」を聞いたことがある人も多いと思います。つい最近もテレビで特集をしていました。 通常業務を免除され、自由に出勤して、会社のお金で自由にぶらぶらしているだけで給料がもらえる制度があったのです。

「月に合計○○時間出社すればいい」なんて会社もあれば、タイムカードもない会社も、「服装は自由、週一回のミーティング以外は出社義務もない」なんて会社もありました。知らなかった人は「羨ましい」なんて思うかも知れませんね。

「新商品開発のヒントになるような自由な行動を認める」という趣旨はあるものの、基本的に何をしても自由なのです。

1980年代は「ファジィ」や「ニューロ」と言ったマイクロ制御の付いた家電で溢れかえりました。現在は、付いていて当たり前の機能なので、その言葉すら聞かれなくなりましたが、当時は各社が競って開発し、新製品に投入していました。

ナショナル(現パナソニク)は、洗濯機にファジィを付け、ニューロも付け、これから開発をする洗濯機のビジョンが無くなってしまったそうです。そこで社員の一人を、1年間ぶらぶら社員にする、と辞令を出したのです。

「さあ自由にしていいから、なんか開発テーマを探してこい」と言われて、困ったのがぶらぶら社員に指名された本人。会議もない、担当する商品もない、何をしていいのかも判らない。会社に行ってもやることがないので、毎日家で洗濯をしていたそうです。毎日毎日洗濯機を回して、ただ、洗濯機を眺めている日々が続きます。見ているだけじゃつまらないから日記を付けたそうです。その結果が「遠心力洗濯機」「お家クリーニング」「ダブル滝洗い」といった新しい洗濯機を生み出していったのです。

電通では、アメリカに社員を留学させていた、なんて話を聞きました。辞令を受けたぶらぶら社員が社長のところに行って「かくかくしかじかの勉強をしてきたいと思います」などと意気込みを伝えると、社長は「誰がそんな難しいことをやってこいって言った。ゆっくり遊んでこい。それがお前の仕事だ」と言ったそうです。

言われた社員は、「おれを試しているんだな。こんなチャンスはまたとない。しっかり勉強をして日本に凱旋するんだ」と社長の話をそのまま受け取りませんでした。

しかし仕事もなくアメリカに向かわされた彼は、2ヶ月もするとやることが無くなってしまったそうです。行き詰まってしまったのです。彼は、「このままジッとしていてもしょうがない。よし、遊んでしまえ」とアメリカ一周旅行のツアーに出かけたのです。(馬鹿になったのですね^^

決まった宿が無くなった彼が頼るのは、各地のスーパーマーケットと商店街。その写真を撮り続け、毎日日記を付けてアメリカ中を回ったそうです。そして彼が日本に帰国する頃には「アメリカのマーケティングが判った」というのです。

「社長が遊んでこい」と言ったのはこういう事だったんだ。

それまでアメリカの本を読んで理解しようと一生懸命に勉強しても、判らなかったことが、遊び歩いただけで判ってしまったのです。

満点主義になって良い点を取ろうとするよりも、常識を外れて、馬鹿になって遊ぶ方がいろんな物が見えてくるのですね。これまで何度もお話ししたように、遊びが人間を変えていきます。遊びが人間を成長させるのです。今目の前にある事に追われて、遊びをなくしてしまったら、それは囚人のような生活を送っているようなものです。

満点主義をやめてみませんか?
↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

【あおう会・創造の集い】HP


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

信念・思い込み 6-1 [信念・思い込み]

多くの人が持っている信念・思い込みに「満点主義」があります。私達が受けてきた教育は、どのような教科であっても100点を取ることを目指すように仕込まれているのです。教育の中身は「身につける事」ではなく「満点を取る事」でしょう。

満点主義は、誤りを見つけて減点していく、ということです。満点というものが必ずあり、どれだけ欠けているかを見ているのです。

多くの場合、幼児は劣等感をあまり持ちません。比較する相手が居ないからです。ところが、小学校に入ると他人と比較するようになります。「人よりも成績が良い・悪い」「人よりも運動が出来る」等々。「絵が上手い」「歌が上手い」といった点数がないような事でも、通知票で点数を付けられ、劣等感が生まれます。

中学、高校、と同じ事を繰り返し、社会に出る頃には、自分も含めた全ての人に点数を付けて、比較をするようになります。

「あれもこれも出来て当たり前」とか「あれが有れば幸せ」「これだけ有れば幸せ」と、自分が、あるいは相手がどれだけ欠けているのかを見る癖が付いているのです。

欠点探しに囚われてしまうと、良いところが見えてきません。「あれもダメ、これもダメ」とダメな要素ばかりを見て、何が上手くいくのでしょうか。

欠点探しに遊びはありません。厳しく監視を続ける事は、自分の自由を削るようなものです。そして厳しく監視を続けられることは囚人のようなものです。

ファスナーで世界シェアを持つYKKの吉田社長がこんな話をしていました。

監視人を付けて、厳しく監視をすればミスはなくなる。厳重なことをすればするほど失敗はなくなるが、能力は50%に落ちてしまう。反対に、監視を付けずに粗雑なことをすれば失敗も多くなるが、能力は70%に高まる。失敗してもいいから、成功することが大切だ。YKKは70%主義をやったから世界一になった。

これは遊びを作った、という事ではないでしょうか。つまり「遊とり」です。あれも、これも、と、今ある事に追われて、満点を目指している間は、他のことに目を向ける「ゆとり」がないのです。

↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

信念・思い込み 5 [信念・思い込み]

以前に何かの本で読んだ面白い話があります。少年の頃のAさんは手のつけられない不良だったといいます。Aさんが悪いことをするたびに、Aさんの母親は何度も警察に呼び出されて悩んでいました。

息子の将来を心配した母親は、占い師にすがって相談をしてみたのです。すると占い師は「あなたの息子はこの先、極道の道を進むでしょう。救いようのない運命の持ち主です。」と言いました。

母親は、なんとか息子にまともな人生を歩ませたいと思い、何日も考えました。母親は占い師の元に戻って、「嘘でもかまいません。息子を連れてくるから、息子に『あなたは必ず、将来大成する』と言ってやってください。」とお願いしました。

息子のために嘘を付けと言うのです。できる無理とできない無理がある、と占い師は断りましたが、最後には母親の熱意に負けて、その頼みを引き受けることにしました。

母親はAさんに「よく当たる占い師がいるから」と言って、無理やりAさんを占い師の元に連れていきました。占い師は迫真の演技で、「あなたは将来大物になる。大物になる器を持っている。こんなところでくすぶっていてはだめだ。東京に行きなさい。東京に出て本気でがんばれば、会社の社長になれる。ただし、心から信じ切れなければやめた方がいい。信じて疑わなければ必ず大成する。」と言いました。

少年は大いに発奮し、会った人には誰にでも「おれは東京で大成功してみせる。」と宣言して上京していきました。

驚いたのは占い師の方。数十年後にAさんが本当に社長となって故郷に帰ってきたのです。Aさんは、占い師にお礼を言いに行くと、占い師の方から「あれはウソでした。」と事の真相を告げられました。しかしAさんは「あなたはウソをついていません。あなたは心の底から信じれば社長になれると私に言いました。そして私はあなたの言うとおりにしたら、本当に社長になったんです。だからあなたは母が言うとおり、本当によく当たる占い師です。」と占い師に言ったそうです。

知能テストの結果は、生徒に教えたりしません。ある小学校の先生が知能テストが終わった後に、「このクラスはみんな非常に優秀な成績だったから、将来きっと成績がよくなるよ。」と、知能テストの結果に関係なく、でたらめな情報を伝えました。するとその後、彼のクラスの生徒は他のクラスより成績が伸びたのだそうです。

本当なの?と思うような話ですね。心理学には「ピグマリオン効果」という現象があります。1964年にアメリカ合衆国の教育心理学者、ローゼンタールがある実験をしました。

ローゼンタールは、小学生に知能テストを実施した後、「このテストは将来の学力の伸びを確実に予測できるものである。」と、得点の高い数人の生徒の名前を担任教師に教えました。実際にはテスト自体には意味がなく、ローゼンタールは無作為に抽出した生徒の名前を伝えたのです。それから1年後に再び知能テストをしたところ、名前を挙げられた生徒は、名前を挙げられなかった生徒に比較して明らかに成績が向上していました。

この実験での結論は、期待のこもった眼差しを向け続けると、相手も期待されていることを意識し、期待に応えるべく努力をして能力が向上していく、というものでした。

興味深いのは、低学年の生徒ほど、成績の伸びが良かったのです。

面白いもので、人間は知らなければ悩まないものです。知りすぎると、それだけ迷いが増えるのでしょう。「あなたは大成功する」と言われて、それだけを信じて行動できるでしょうか。「もう歳だから・・・」「経済的に・・・」「学歴がないから」等、できない理由を考えている時点で、既にそれを信じる事を放棄していませんか?
 
世の中には情報がありすぎます。そして私たちは情報を見過ぎます。多くを知って、迷い、悩み、不満を持ちます。「そうか。じゃあやってみよう」と簡単に思うことができなくなっていきます。

今から約30年前に、ホンダの「シティ」という車がヒットしました。それまでの車が、北米や欧州のデザインに左右されていたのに対し、シティは「トールボーイ」と呼ばれるユニークな背の高いデザインを採用した、コンパクトカーでした。

このシティは、企画段階で重役達に「こんなみっともない車は絶対に許さない」と酷評され、プロジェクトリーダーの渡辺洋男さん以外は、「売れるはずはない」と思っていたそうです。

しかし渡辺さんは、「低く長く幅広い」車が格好良いなんて「デトロイトの虚像だ!」 と言い続け、重役達がその熱意に負けて発売する事になったのです。

企画で没にされた回数は8回。「車のあるべき姿はこういう物」という固定観念に囚われていた重役達は、知識が有りすぎたのでしょう。これまでの経験から売れない理由を考えて、「そうか。じゃあやってみよう」と簡単に思うことができなかったのではないでしょうか。

成功した人はこれまでの固定観念や、常識、思い込みに囚われることなく、「自分はできるんだ」と、馬鹿になれた人たちです。できるか、できないか、頭の中で空論をしている間は何もできません。いつどんな時でも、訳もなく笑って、「ありがたい、おもしろい、うれしい」と思い直すのは、馬鹿になるトレーニングです。数字や経験、記憶といった信念に囚われずに、「あ・お・う」と思い直すことで、マイナスな思考習慣を変えていくのです。

イメージトレーニングは遊びです。必ず笑って面白がってやることです。トランプでも将棋でも草野球でも、一銭のお金にならなくてもみんな夢中になってやります。それは面白いからです。嘘の占いも、でたらめな知能テストも、これまでにない斬新な車も、有る意味「遊び心」だと思えませんか?

義務や責任感でやる事なんて面白くないでしょう。肝心なことは楽しむこと、面白がることで、どんなことからも「楽しさを見つける」「楽しさを引き出す」習慣を付けていくのです。「こんな時に楽しいなんて思えない」と思ったときこそチャンスです。こんな時だからこそ「ありがたい、おもしろい、うれしい」と思い直すのです。その思考が実現していくのですから。

↓ 人生は、自分の思い描いたとおりに展開する。
↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

【あおう会・創造の集い】HP


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

信念・思い込み 4-2 [信念・思い込み]

「どうあってもタモリを使わせない」、という事務所側に対して、横澤さんが漏らした一言で流れが変わります。「タモリなんてたいして売れてないじゃないですか」。

「これから売り出していく人でしょ。一緒に売り出しましょうよ」という意味で漏らした一言だったのですが、事務所側は、言葉通りに喧嘩を売られたと取ったのです。タモリさんの実力を過小評価されていると思った事務所側は「上等じゃないか、やってやろう」と、司会はタモリさんで決定します。

ところが、タモリさんの担当マネージャーがへそを曲げたまま。番組スタートが間近に迫っているのに、タモリさんのスケジュールを教えてくれないのです。10月4日に始まる番組なのに、タモリさんのスケジュールが判ったのは9月23日。しかも、月曜日から金曜日のお昼の生番組なのに、週3日が他局の番組収録で出られない、というのです。

その上、タモリさん自身も「12月までの、3ヶ月しかやらない」と言い出しました。1月に家族を連れて旅行に行く予定を入れていたのです。「お昼の帯番組をやれば自分のプライベートな時間も無くなってしまう、旅行の前にやめる」ということなのです。

番組開始間際のこの時でさえ、番組を作っているスタッフみんなが「なぜ、『笑ってる場合ですよ』をやめる必要があるんだ」「このまま『笑ってる場合ですよ』を続けたらいいじゃないか」「上手くいくはずないじゃないか」と、横澤さんの独断的なやり方に反対をしていたそうです。

スケジュールが出来上がっていない、本人はやる気無し、身内はみんな反対。そんな中で始まった「笑ったいいとも」は、直前まで放送していた「笑っている場合ですよ」とは比べ物にならないほどの低視聴率。

「ほら見ろ、やっぱりダメじゃないか」「好き勝手なことをしてるからだ」「3ヶ月で終わりだ。また元の番組に戻せばいいだけだ」と、誰もが番組の失敗を笑っていました。

横澤さんはそれどころではありませんでした。タモリさんのスケジュールがまだ出来上がってないのです。「おれのやり方で『笑ってる場合ですよ』以上の番組を作るんだ」「タモリで成功させるんだ」「この番組は低迷したままで終わるはずがない」と信じて番組を続ける横澤さんは、他局に出向いて、収録時間をずらしてくれるように頭を下げて回ります。

そして番組に小さな変化が起きます。ゲストの坂本龍一さんが、手で大きな輪を頭の上で作って「世界に広げよう友達の輪」とやったのです。それを見てタモリさんが、同じように「友達の輪」と真似をします。お客さんもそれに乗って、一緒に「友達の輪」と真似をし始めました。

タモリさんの実力が出てきたのか、あるいは直感的な物だったのでしょうか。お客さんの感触を掴んだタモリさんは、翌日から毎日ゲストとお客さんと一緒に「世界に広げよう友達の輪」をやり始めたのです。

番組が終了する12月。タモリさんが夜の新宿を歩いていると、忘年会帰りの酔っぱらたサラリーマンが、「世界に広げよう友達の輪」、「もう一件行っていいかな? いいとも一!」と、やっているのを見て心変わりします。
「続けてみよう」

さて、誰がどんな信念や思い込みを持っていたでしょう?

ある人の思い込みは変化を嫌い保守的で、思い込みの強いフィルターによって現状が見えていませんでした。

また、ある人の思い込みは、自分を信じて行動しました。過去の経験や記憶に頼らず、現状から学び、勇気を持って夢の実現の為に行動をしました。

また、ある人は、決して信念を曲げようとはしませんでしたが、現状を見て変化を受け入れました。

自分の中の信念や思い込みは何でしょう?

横沢さんは、「芸人達の夢」に自分の番組を託しました。そして、夢を語らなくなった芸人たちを見て、番組を打ち切る決心をしました。現在の高視聴率を捨てても、自分の夢を信じてスタートさせた新番組「笑っていいとも」は、今年で29年目を迎える、フジテレビの看板番組となったのです。

↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

【あおう会・創造の集い】HP


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 信念・思い込み ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。