So-net無料ブログ作成
検索選択
自分の部屋をパワースポットに! ブログトップ
前の5件 | -

自分の部屋をパワースポットに! 8-2 [自分の部屋をパワースポットに!]

本来ならこんな事故にすら遭わなくて当たり前のはず。いったいどういう事なのでしょう?

彼女は直ぐに、「何で私がこんな目に・・・なんて考えた所で、この状況が変わるものでもない。ありがたく、おもしろく、うれしくを実践して、宇宙の法則にお任せしているんだから、ちゃんと意味があって起きた事故なんだ。」「これだけの事故なのに、自分は怪我一つしていない。相手もピンピンしている。誰も巻き込まれた人もいない。面白いじゃないか」
と、気持ちを切り替えたそうです。

数日後、相手の保険屋さんがやってきて、代替車の話をしてきたそうです。保険屋さんの話は、新車を用意するとの事! 普通に考えれば、この不況で保険屋さんも出費は抑えたいところです。古い車の代替車となると、相当の中古車を用意してくれるのかと思いきや、新車を手配する話をしてきたそうです。「とにかく、後の事は私に任せておいてください」というので、任せてしまったそうです。

更に数日経って、彼女の元には本当に新車のハブリッドカーが自宅に届いたそうです。新しい車が欲しいなあと思っていた矢先の出来事。 誰も怪我をすることも無かったし、一銭のお金も使わず(つまり過失0)で、新車が丸々一台手に入ってしまったのです。

車の話になると「今までの車と違って、ガソリン代がぜんぜんかからなくて良い」という話をいつも嬉しそうに話しています。

今を楽しく生きている人には、沢山のエネルギーが流れ込んできます。パワースポット作りは今を生きるイメージトレーニングに直結しています。

自分の思考の結果が、自分の部屋として現れてくるわけですから、部屋をパワースポットにするという事は、自分自身がパワースポットになるということです。

ノミのサーカスを知っているでしょうか。いろいろな高さの箱ごとにノミを入れて飼育します。跳ぶと天井にぶつかってしまうため、箱から出しても箱の高さ以上には飛ばなくなってしまいます。極端に低い箱に入れて育ったノミは、飛ばずに歩きます。

そうやって色々な行動が制限されたノミを集めて、サーカスに見立てているのです。高さ10センチの箱に入れられたノミは、自分は10センチしか飛べないと思い込んでいるのです。歩くノミは、自分は跳ぶ事が出来ないと思い込んでいるのです。

「出来るかなあ」「上手く行くはずが無い」「自分には無理だ」こういったマイナス思考は、過去の経験と身の回りの情報から「自分から箱に入ってしまっただけ」なのではないでしょうか。

パワースポット作りは、「器を空け、器を大きくする」トレーニングです。自分でエネルギーの受け皿を作ってしまえば、自然とエネルギーが流れてきて、パワースポットになります。

「何でも出来る」「何にでもなれる」「何でも受け取れる」自分を想像し、「ありがとうございます」と訳もなく掃除をして、馬鹿になりきるトレーニングです。

↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自分の部屋をパワースポットに! 8 [自分の部屋をパワースポットに!]

部屋の掃除、水周りの掃除をして、パワースポットは完成です。

改めて物を捨ててみると、なぜ部屋の中が片づかなかったのかが分かりました。私は今まで、部屋の中を整理しているつもりで、物を出しては、ゴミをまとめて仕舞うだけ。コッチからアッチへと、ゴミを移動させていただけだったのです。ゴミの量は変わっていないのですから、部屋の中はぜんぜんスッキリしません。

これが自分の心の中だと思うと愉快です。どれもこれも手を付けてみては「どうにもならない」と元の場所に置いておくだけ。心の中に色々な思考をあちこちに散らかしたまま。

より強く関心を持ったものが実現するわけですから、私の人生は惰性の思考のままに良い事も、悪い事も、起きていたのです。

以前、あおう会で私がこの話をして、即、掃除をした方がいます。なんと、息子さんが甲子園に出た思い出に取ってあった品々も、出場記念の盾を残して、全て捨ててしまったそうです! 大型ゴミを引き取ってもらう為にやってきた掃除屋さんも「本当にこんな物まで捨ててしまっていいんですか?」と驚いていたそうです。

その方は、掃除をしてすぐに、素晴らしい出会いが有った事、市の麻雀大会で優勝した事(麻雀はルールを知っているだけの素人です)等々、自分の身の回りに起きた嬉しい変化を楽しそうに話してくれました。

掃除をしてその後、彼女は車の運転中にビックリするような事故に遭ったそうです。突然現れた車との接触事故で、危ない!と思って逆にハンドルを切ったところ、ぶつかった勢いのまま、反対側の小さな塀に乗り上げて、駐車場に止まっている車の上に180度ひっくり返って止まったそうです。マンガのような大事故です。

車が古くなって、ちょうど買い替えを考えていた所で、全損してしまったのです。事故のショックから正気に戻ってくると「何で私がこんな目に・・・」と思ったそうです。本来ならこんな事故にすら遭わなくて当たり前のはず。いったいどういう事なのでしょう?

↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自分の部屋をパワースポットに! 7-4 [自分の部屋をパワースポットに!]

「今日の食べもにも困っている貧しい人は、常に足りないという不足の思いを持ち、他に出すという事、与えるという事が出来ない人なので、彼らから托鉢をすることが彼らを救う方法なのですよ。」

「欲しい」という創造は、「私には無い」という思考です。

宇宙の法則は、望むか望まないかに関わらず、思考した事が実現するということ。お釈迦様に限らず、多くの宗教や、本が、宇宙の法則を伝えています。

「知る」という事は、「知識を増やした」という事に過ぎません。

アクセルで進む、ハンドルで曲がる、ブレーキで止まる。知識だけでは車が運転できるのなら教習所は必要ありません。動かせるという程度でしょう。実際に運転してアクセルもハンドルもブレーキも操作を経験する事で本当に運転ができるようになるのです。

理解ができていない人であっても、貧しい人でもあっても、訳も無く実行させる事。托鉢で与えたということは、足りているという行動になるので、その人には足りているという現象が起きてくる。

「与えれば入ってくるのですよ」と1000回の説法を聞くより、お互い馬鹿になって、訳もなく「ありがたい、おもしろい、うれしい」と実行する事がずっと尊い事なのですよ。というお話です。

だから、トイレ掃除に理屈を持ち込んだ人は、何も変わらないのです。

なぜイメージトレーニングで自分の部屋を掃除するのか。なぜ自分の部屋をパワースポットにするのか。

パワースポット作りは、イメージトレーニングに直結しています。意図的にイメージしたとおりの現実を得るには、「もしも」という仮定を無くしていって、イメージを先取りで楽しんでしまうことです。

ところが人は、良い事も、悪い事も考えてしまいます。思うだけなら何を思っても自由なのに、過去の経験と、周りの情報から、不都合探しを始めてしまいます。

自分の創造を疑えば、疑った状態が現実に現れます。馬鹿になって、創造して先取りで楽しんでしまえば、創造した通りの結果が現れます。訳もなく、ただ「ありがたい、おもしろい、うれしい」と掃除をして馬鹿になりきる訓練をします。

パワースポットはモデルルームのような部屋を創造します。モデルルームに行ってトイレやキッチンやお風呂を見ない人はいないでしょう。トイレ、キッチン、お風呂、馬鹿になって全て磨き上げましょう。


↓ 「あ、そうなんだ」と馬鹿になりきる
↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自分の部屋をパワースポットに! 7-3 [自分の部屋をパワースポットに!]

お釈迦様の話です。ある日、お弟子さんが、今で言う托鉢に行く時に、こう言ったそうです。

「裕福な人から貰ってきてはいけません。今日食事にありつけるかどうかと、生活に困っている人から頂いてきなさい」

お弟子さんは驚いて
「そんな馬鹿な。今日を生きるのにも困っている人から食べ物を貰うなんて」
「弱者こそ救われるべきでしょう」

そういうと、お釈迦様は
「だからこそ、彼らから貰ってきなさい」

と答えたそうです。

さて、お釈迦様は、なぜ裕福な人ではなく、貧しい人から托鉢に回るように言ったのでしょう?

アメリカのあるアンケートの結果です。質問は「あと、どのぐらい収入が増えれば幸福を感じますか?」

このアンケートの結果、全ての所得層で「あと20%の所得があれば幸福だと感じる」という結果が出たそうです。

お金は、有っても、無くても、ほとんどの人は「20%足りない」と感じているということです。

お釈迦様はこう答えました

「今日の食べもにも困っている貧しい人は、常に足りないという不足の思いを持ち、他に出すという事、与えるという事が出来ない人なので、彼らから托鉢をすることが彼らを救う方法なのですよ。」


 ↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自分の部屋をパワースポットに! 7-2 [自分の部屋をパワースポットに!]

「なんでウンチをしなくちゃいけないんだ」とは思わないでしょう。便通があるのは嬉しい事です。嬉しい、ありがたいと思って、当然の事が出来ない人は、トイレ掃除をしても意味が無いのではないかと思います。

どんなに美味しいもの、高級なもの、珍しい物を食べても、出てくるものは皆同じです。「美味しい物を食べたからこれは出さないんだ、もったいない」なんて人はいないでしょう。

でも、お金や物になると「欲しい」ばかりで「出さない」と執着してしまう人は多いのです。

ビートたけしさんは、自分の著書でトイレ掃除に付いて書いている為か、トイレ掃除をするお金持ちな有名人として、よく名前が挙がります。

「トイレ掃除は、俺の変な癖だ。他の部分では特に潔癖症というほどじゃないが、便所の汚いのだけは、どうにも耐えられなくて、自分の家だろうが、外の店だろうが掃除してしまう。」(全思考 北野武著 出版:幻冬舎)

馬鹿になりきれない人は、損得で物事を考えたり、みんなと同じである事に安心したり、自分の理屈に合わない事をしないし、未知の事に不安を感じたり、します。

トイレ掃除に理屈を持ち込んだ人は、何も変わりません。馬鹿になりきって、わけもなく、ただ「ありがたい、おもしろい、嬉しい」と掃除をすることです。

↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 自分の部屋をパワースポットに! ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。