So-net無料ブログ作成

生きているだけで素晴らしい 8 [生きているだけで素晴らしい]

エネルギーが受け取れないと、子供の場合は、わざわざ怒られるような事をしたり、非行に走ったりします。そういう事をしてでも「自分はここに居るんだ」「自分の事をかまってほしい」というアピールをするようになります。

「自分の事が分かる相手になれ」と、お互いに相手を動かすこと、エネルギーの奪い合いを行っているのです。奪い合いをやっている間はずっとエネルギー不足です。

怒ったり泣いたりと、自分の存在を強く示したがるのは、エネルギー不足から起きるものです。舞台上は全て用意されているので、怒れば、怒らなくてはいけないような現実が次々と現れてきます。

重要な事は、ほとんどの人がこのエネルギーの奪い合いをしている間に、人生が終わってしまうという事です。

視点を観客席から人間劇を見てみると、主導権の奪い合いをしているのです。それは親子で、先生と生徒で、上司と部下で、友達との間で、様々な形で行われています。

舞台上では、「望むか望まないかに関わらず、思考が結果を引き寄せる」というルールに基づいて時間が流れています。舞台上には必要な物は全て揃っていて、好都合も、不都合も、ルールに従ってちゃんと引き寄せられています。

お釈迦様の話は「常に不足している」という思考が、「無い」という現実を引き寄せている。訳もなく「ありがたい」と思って出す(出させる)行為は「私には足りている」という行為なので「有る」という状態を引き寄せる事が出来る、というお話でした。

舞台上では、自分の思い描いた脚本どおりに舞台を進める為に、如何にして主導権を譲ってあげられるか、エネルギーを与えられるか、相手の存在を認めて尊重する事が出来きるかが、カギになってきます。

相手を尊重し、褒め、好きになる、このエネルギー交換が出来るのは舞台上に居る間だけです。お金や地位が無くても誰でもできることです。誰もがいつも必要としているこのエネルギーを受け渡せる存在である事、自分が舞台上に立った事、「生きている」という事は素晴らしいことなのです。

↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生きているだけで素晴らしい 7 [生きているだけで素晴らしい]

昔のアメリカの福祉施設で、保護されている乳幼児の発達が遅れ、病弱である事が問題になりました。発達の遅れ、と言っても想像がつかないでしょう。2歳になる子供が、片言しか喋れず、ほとんどハイハイも出来ず、身長も体重も1歳児並み、そんな子供が沢山いたのです。

どこを調べても病気はなく、それでは食事に問題があるかと調べても、環境や衛生が悪いのかと改善をしても、困った事にどこにも問題が見当たらないのです。

しかし一人の看護婦が、赤ちゃんに対して毎日出来る限りの時間をかけて、あやしたり、微笑みかけたり、抱いたりする事で、見事にこの問題を解決してしまったのです。

施設の赤ちゃんには、抱いたり、微笑みかけたり、話しかけたりと、ごく当たり前のスキンシップが足りなかったのです。それは、普通の言葉で言えば「愛」です。現在では愛が足りないと人間は成長しない事が認められている為(ホスピタリズム)、福祉施設では十分な配慮がなされています。

「栄養も環境も問題ないのに、上手く成長しない」 これって最近どこかで聞きませんでしたか?

そうです、「パワースポット作り」で触れました。畑は連作が出来ません。土も微生物も水も肥料も問題が無くても、連作をすると作物が育たなくなってしまうのです。土や微生物といった物理的な要因以外に、何らかの要因が不足していると、作物が育たないのです。

何らかの不足している物を、ある種のエネルギーが不足しているとしました。エネルギーが充填されるまでは、畑には作物が育ちません。このエネルギーをたくさん受け取り、エネルギーの流れを作る方法として、パワースポット作りを紹介してきました。

畑も人も、この人生劇場では何らかのエネルギーのやり取りが行われています。畑にあったエネルギーは、野菜に取り込まれて動物が受け取ります。赤ちゃんも母親からエネルギーを受け取って育っています。

食事を取る事が生きていくことで当たり前のように、私たちは、このエネルギー交換が出来ないと、心も身体も育ちません。舞台上では自分のしたい事はできない、何も叶わないという事になります。

エネルギー交換は「相手の良い所を見つけて褒める」ただそれだけの事です。

↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生きているだけで素晴らしい 6 [生きているだけで素晴らしい]

「相手の良い所を見つけて褒める」と、自分の脳が良い事探しが上達し、自分から積極的にプラスの言葉を使えるというトーレーニングが出来、「ありのままの相手の姿を見る」事が出来ます。

この「褒める」という行為には、私たちがこの人間劇場でイキイキワクワクと喜劇を楽しむ上で、更に重要な要素があります。

人間劇場の舞台に上がってきた人は皆、常に「愛されたい」と思っています。愛なんて話をするのは、私はちょっとくすぐったいです。言い換えると「かまってほしい」というところでしょうか。

この欲求は生まれてから死ぬまでの間、ずっと持ち続けている物です。

生まれるという事は、観客席から人間劇場の様子を見て「自分も舞台上で演者になって遊んでみよう」と舞台に立つようなものです。

舞台に立って一番辛い事は、誰にも相手にされない、自分の存在に気付いてくれない事でしょう。自分が愛を求めているように、他人も愛を求めています。誰もがいつでも自分に気付いてほしいと思っています。

まずは舞台に立つと(生まれると)、誰もが自分が舞台に居る、というアピールをします。赤ちゃんは泣いたり笑ったりすることで意思を表示し、自分の存在をアピールします。成長すると、社会関係の中で、「存在を認められたい」「よく思われたい」「好かれたい」「褒められたい」という欲求が出てきます。

簡単に言えば人は皆「愛されたい」と思って生きています。生まれてから死ぬまでこのアピールは続きます。赤ちゃんが泣くことも、定年退職をして、自分が何もしていない事に「自分はもう社会の役に立っていないのでは」と思うのも「愛されたい」という思考です。

仕事で成功をしたり、何かをやり遂げても、誰も関心を持ってくれなかったらどうでしょう? それどころか「ちょっと話を聞いてよ」と言って誰も話を聞いてくれなかったら? 私の事を分かってほしい、そんなアピールは誰もがする事です。

誰かの愚痴を言ったり、100点を求めるという事は、相手に自分勝手な都合で、自分の理想の役を(虚像)を求めているという事です。つまり、相手の存在を無視していることと同様です。

↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生きているだけで素晴らしい 5 [生きているだけで素晴らしい]


20年前頃から、若者言葉の「ムカつく」、若者が「キレる」を聞くようになりました。テレビでこういった問題が取り上げられると「今の若い者は忍耐が足りない」「我慢が足りない」と言う人がいます。最近の若者は些細なことにも耐えられず、我慢の限度が低いという事でしょう。でも、我慢を教えた所でいつかはキレるでしょう。

「今の若い者は・・・」という言葉はエジプトのピラミッドの中の落書きにもあるそうです。昔から多くの人が、自分の思い通りに人を動かそうとして、いまだにそんなことは出来ないと、理解していないのでしょう。

多くの人が、自分勝手な虚像を見て、相手を見ていないのです。そのような環境で育つと、「妻はこうあるべき」「夫はこうあるべき」「子供は・・・」「生徒は・・・」「会社は・・・」「政治は・・・」と、自分の思い通りにならない相手の欠点探しを始めます。脳は愚痴や不満を探す事がうまくなっていきます。

些細な事でもキレやすいのは、些細な事を我慢する事を知らないのではなく、些細なことだと笑って済ませる事を知らないだけです。「こんな事は大した事じゃない、欠点にもならない、些細なことだ」と笑って済ませてしまえば、相手も笑って済ませる事を学習していきます。

「我慢が足りない」等と言う人は、自分が我慢してきた以上に、笑いかけられたり、褒められたりといった、当たり前のスキンシップを十分に受けてきた事に気付いていないのかもしれません。それだけ幸せなのでしょう。当然のスキンシップを受けてきた人には、スキンシップが足りない人の気持ちが分からないのかもしれません。

全ての教師が、という事ではありませんが「近ごろの先生は出来ない子供の気持ちが分からない」という話を聞いた事があります。なぜなら「大学に行って教師になる資格を取って勉強が出来る人ばかり。教師になる人は頭が良すぎるのです」

「愚痴る」は虚像を見ている事。「褒める」は実像を見ている事。自分が立っている人間劇の実像を見なければ何事も叶いません。

↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

100点は要らない 2 [100点は要らない]

ある親子の話です。母親が用事があって子供の部屋に行くと、子供がテレビを見ていました。母親が「またテレビみてる」と呆れたように言うと、突然息子が殴りかかってきたそうです。実はこの子は、母親が来る直前まで試験勉強をしていて、息抜きのテレビを見始めたところだったそうです。

もちろんこの子は、母親の一言だけでキレてしまった訳ではありません。これまでの母親の息子に対する思考が分かるような出来事です。

相手に対して100点を求める事は、相手を自分の都合で動かそうとしているのです。自分が100点を求めなければ、いくらでも褒める事は見つけられます。

多くの人が、自分が理想とするような相手を求めてしまいますが、現実にはありえない自分勝手な偶像にしか過ぎません。100点を求めるという事は間違いを許さないという事です。「あなただって○○じゃない」なんて自分も相手に100点を求められる事になります。

この積み重ねは、自分が誤った時に厳しい責めに遭います。家庭内暴力も、校内暴力も、社内での人間関係も、責められる理由は異なっていても、根本は同じです。

「お前は勝手な偶像を見ているだけで、俺自身の事は何も見ていない!」

「褒める」とは、自分の脳が良い事探しが上達し、自分から積極的にプラスの言葉を使えるというメリットがあります。そして「本来のありのままの相手を見る」事が出来ます。

自分の奥さんは?夫は?上司は?部下は? 80点でも60点でもいいじゃないですか。
「相手の良い所を見つけて褒める」 自分のためのトレーニングです。

自分が喜劇を楽しく演じるための、必要な役作りだと思って、楽しんで相手を褒めましょう。

↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

100点は要らない [100点は要らない]

私たちは良い食べ物を取って、適度な運動をし、休養を取って体のケアをします。
ところが大方の人は、心のケアをしていません。心も体と同じようにお手入れが必要です。

人間の脳は、ありとあらゆる薬を作り出すことが知られています。自分の心の状態によって、病気を作り出すことも、健康を作り出すことも可能なのです。

愚痴や不満等、マイナスな言葉は、心に悪い食べ物です。繰り返し使っているうちにどんどん心は病んできます。

思わず使ってしまったら、必ずプラスの言葉に言い換えます。

面白い、楽だ、簡単だ、美味しい、美しい、素晴らしい、明るい、出来る、やれる、元気だ、まだまだ若い等、より多くのプラスの言葉を使う習慣をつけていきます。

どうしてもマイナスに偏ってしまう不都合な出来事も、長い目で見れば良い事か、悪い事か、今は分からない。ありがとうございます、と言って笑って済ませる習慣をつけていきます。

自分から心の運動をさせてあげましょう。これは「相手の良い所を見つけて褒める」だけです。言葉で説明すると簡単ですが、実際に出来ている人の方が少ないでしょう。
服装や髪型、毎日の家事、小さな仕事の成果、何でも構いません。

褒める事は、自分の脳が、良い事を見つけるのが上達していき、自分から積極的にプラスの言葉を使えるというメリットがあります。

こんな話をすると、「褒めるような所がない相手、褒められない相手の場合は、お世辞のように、あるいは心に無理をして褒める必要はないのでは?」と言われる事があります。

しかし、性格一つ取っても「神経質だ」と捕らえるか「几帳面だ」と捉えるか。「大雑把」と捉えるか「おおらか」と捉えるかは、自分自身です。

マイナス思考をする習慣(癖)を治すには、新しい習慣(癖)をつけてしまうのが簡単です。マイナス思考が上手になっている脳を、今度はプラス思考が上手になるように、自分から褒めるのです。

「褒めて伸ばす」なんて言葉もありますが、褒めて一番「徳」を得るのは、実は自分自身なのです。

↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

思考習慣 4 [思考習慣]

好都合か、不都合かは、そう感じている自分がいるだけにすぎません。良い思考習慣をつけてしまえば、脳は勝手に良い事を見つけ、潜在意識で良い事を選択していきます。

イメージトレーニングで良いイメージを着けたら、後は自分の潜在意識に任せてしまいます。

笑顔と感謝の癖が着いていれば、一見不都合に感じる出来事も、必要があって起きている事だと分かってくるようになります。

私の京都旅行は雨でした。ところがこの雨は黄砂を洗い流してくれる嬉しい雨であることが分かりました。麻疹にかかった時は半月も会社を休む事になってしまい「何でこんな事に」と思いましたが、麻疹にかったおかげで花粉症が治ってしまいました。

目の前の出来事に囚われて、不都合な記憶を植えつける必要はありません。訳もなく「あ・お・う」で笑って済ませてしまいましょう。

良い事か、悪い事かを考え始めたら「良いことかもしれないし、悪いことかもしれない」と曖昧にしておきます。出来るか出来ないかを考え始めたら「出来るかも知れないし、出来ないかもしれない」と曖昧にしておきます。そんな事は分からなくていいんです。

自分がより強く関心を示した思考から実現していきます。それは望むか、望まないかに関わらず、未来に引き寄せているのです。

今その時点で起きた出来事を、良い悪いと判断するのは、未来のことまで決めてしまう事になります。良いことばかりを考えられる人はそうそう居ません。

観客席から人間劇を演じている自分をイメージして「今はまだ喜劇の途中だ」と思い直します。「この喜劇に必要な出来事が起きているだけだ」と思い直すだけです。そして、今この出来事には囚われず、訳もなく「あおう」と笑ってしまう事です。

↓ 人生はクローズアップで見れば悲劇。ロングショットで見れば喜劇。  (チャールズ・チャップリン) ↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

思考習慣 3 [思考習慣]

「あの○○が激太り!」なんてハリウッドスターのプライベートが時々話題になります。しかし、その後の彼らの映画で太った姿を見る事はありません。彼らは芝居に必要なトレーニングをして、スリムになって役作りをちゃんとしているのです。

良い思考習慣を身に付けるという事は、役作りをするようなものです。人生は舞台です。「私」という役をしているだけです。生まれるとは、観客席にいた自分が、人間劇を見て「あ、自分もやってみよう」と舞台上に上がるようなもの、死ぬとは舞台から降りるようなものです。

イメージトレーニングは、人間劇でいえば役作りです。苦しい役や、悲しい役を誰からも強制される事はありません。好きな役を選んでいいのです。喜劇を演じたければ笑顔と感謝を繰り返し行って、笑顔の役になりきるだけです。

面白くない事でも、訳もなく「笑顔でありがとうございます」です。面白くない理由を考えるのは簡単です。これはただ自分の脳が不都合探しが上手くなっているだけに過ぎません

自分が意識をしなくてもバランスを取って自転車に乗るように、自分が意識をしなくても、習慣的に脳にインプットしてきた不都合探しを始めるのです。

古い習慣を取り除くには、バカになって「ありがとうございます」を繰り返し行うだけです。

バカになれば過去も変えられます。過去の記憶は非常に曖昧で変化しやすい事が知られています。新しい情報を受け、都合よく、あるいは都合悪く、記憶の再編を行っています。記憶の全てには、自分勝手な解釈が入っています

財布の中を見て「あと1000円しかない」と思うときと、「あと1000円もある」と思うときがあります。同じ事実を見て、好都合か不都合かを判断しているのは自分にしか過ぎません。

過去の嫌な出来事は、自分が勝手に不都合だと記憶しただけです。自分でふとしたキッカケで思い出しては、自分勝手な解釈をつけて、記憶が大袈裟になっていきます。

脳の不都合探しが上達していくと、過去の大袈裟な記憶と照らし合わせて、出来るはずがない、難しい、無理だろう、等といった脚本を作り上げてしまいます。

過去の不都合を思い出したら、寝る前のイメージトレーニングで、バカになって訳もなく「ありがたい、面白い、うれしい」と笑顔で笑ってみせるのです。

記憶は寝ている間に勝手に脳が整理してくれます。

↓ 笑顔と感謝は一番簡単な成功方法です。
↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

思考習慣 2 [思考習慣]

笑顔と感謝の習慣を身に着けてしまいましょう。笑顔と感謝は勝手に脳がα波を出し、リラックスします。やり方は変わりません。今までと同じイメージトレーニングをするだけです。

朝起きたら即10回「ありがとうございます」と言います。布団から出る前です。脳が目覚めて思考を始める前に実行します。脳はバカなので「ありがたいんだ」と判断して、勝手にありがたい事を見つけ始めます。

笑顔を作ってみます。作り笑顔でも脳は「笑っている」と判断して、笑顔になる事を見つけ始めます。そして自分の姿と今日の一日、これからなりたい自分を瞑想します。

脳が目覚める前に、脳を騙してしまえばいいんです。

洗面所でも笑顔を作って鏡の自分に向かって「ありがとうございます」と言ってみます。癖になるまで繰り返し、一日中、「笑顔とありがとうございます」で過ごすと、自分の過ごす当たり前の一日は「笑顔でありがたいことなんだ」と脳は判断します。

一日の最後に、今日一日を振り返って、全ての出来事がありがたかったとイメージします。明日の自分が笑顔で過ごしている姿もイメージします。そして今晩の睡眠を、グッスリと気持ちよく取って、気持ちよく目覚める自分の姿をイメージして眠ります。

脳は眠っている間にその日一日の記憶を整理している事が知られています。最近、テレビで「暗記物は寝る前に覚えろ」なんてやっていました。受験勉強などで経験的に知っている人もいるでしょう。

寝る前に一日を振り返ってイメージするときは、勝手に「ありがたかった」「面白かった」「嬉しかった」と一日の出来事を書き換えてしまって構いません。つまらない事があっても笑い話にしてしまいます。腹の立つ事があっても「これはオチの前フリでこれから面白い展開になる」事をイメージしても構いません。

毎日眠る前に「面白かった」とイメージして、寝ている間に記憶させてしまいましょう。

アメリカの心理学者ウィリアム・ジェームスの有名な言葉です
「楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ」

↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

思考習慣 [思考習慣]

運の良し悪しは、思考習慣でしかありません。自分が変わるんだと決意を持って良い習慣をつけてしまえば誰でも強運の持ち主になれます。

運の悪い人は、マイナス思考癖、マイナスの言葉を常用します。「疲れた」は、くたびれた状態です。疲労しているという事。消耗しているという事。機能的には低下したという事。肉体的あるいは精神的に、貧しくなったという事。

「疲れた」を繰り返し使えば使うほど、朝起きて仕事をして自宅に戻って寝るという、自分の当たり前の一日は「疲れることなんだ」と脳は判断します。

「忙しい」は「イソガシイ」。用事が多くて暇がないという事。
「忙しい」は「セワシイ」。用事が多くて心が落ち着かない事。
どちらも時間がない事。「心」を「亡くす」と書きます。時間に追われて自分の心が滅びる事を表しています。

困った、苦しい、腹立たしい、難しい、つまらない、まずい、汚い、なんて、ついつい使ってしまう事はないでしょうか。

「難しい」「出来ない」を使えば、脳は、難しく出来ない方法を選択していきます。

望まないことであっても思考した事は実現していく、という事は何度もお話したとおりです。マイナス思考ばかりを繰り返していると、困った事に、脳は不都合を見つけ出す事が上手くなってしまいます。

繰り返し練習をして上達していくように、自分の脳もマイナス探しが上達してしまうのです。意識をしなくてもバランスを取って自転車に乗れるように、無意識にマイナス思考をしてしまいます。

習慣(癖)を治すには、新しい習慣(癖)をつけてしまうことです。繰り返しイメージトレーニングをして、良い思考習慣を身に着けてしまいましょう。

↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。