So-net無料ブログ作成
検索選択

不都合こそおもしろい! -2 [思考の手がかり]

まずは相手の良い所を見つけよう、褒めようと思うことです。好きになる必要はありません。面白いと思うのは好きになるより簡単です。

「あおう」で実践です。

私は愚痴をやめたいので、仲間内で飲みに行く時は、その上司と仲間の板ばさみになります。

そこで、私は、誰にとっても良い存在である事を創造します。
朝の瞑想で、自分が皆にとって良い「つなぎ」になる事を創造します。
料理をするなら、ソバを打つのも、ハンバーグを作るにも、豚カツを上げるのも、つなぎは欠かせません。

「私は、皆にとって人間関係を楽しくする、つなぎです。」
「私は、皆が喜ぶ贈り物です」
「私ほど、こんなに重要な役目をする人はいません」

なんて、もう好き勝手に創造します(笑)
私が何とかしたい状況は、仲間内での、上司の愚痴です。「何とかしたい」と思うのは、「何とかなっていない」というマイナス思考です。「何とかしたい」のままでは、同じ現状が続きます。

私が、その上司の事を褒めても、飲み会が盛り上がっている事を創造しました。
自分が褒めることで、気持ちよくスッキリした気分を味わうことが出来たと創造します。

すると間もなくして、職場のロッカーで、当の上司を囲む会のメンバーとして声を掛けられました。それが二ヶ月前のことです。

いつもなら行きません。無理をして付き合いづらい人と付き合う事は無いし、わざわざ苦しむ必要もありませんからね。

でも、その時は「おもしろい」と思えました。だっておもしろいじゃないですか。
いつもならその上司の飲み会で声をかけられる事はありません。それが創造を始めたとたんに、「飲みに行かない?」なんて声をかけられるなんて。

自分に不自然な事をどんどんしましょう!

そうです。私はその上司を囲む飲み会に参加する事をその場で決めました。誘ってきた友人も、「行く行く」と返事をすると、「本当?」なんて、ちょっと驚いてました。


↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

不都合こそおもしろい! [思考の手がかり]

自分に不自然な事をどんどんしましょう!

何故って? 慣れた事を繰り返すのは、昨日と同じ今日を呼ぶだけです。
同じ事を繰り返して、「良い事が起こらないかなあ」と期待する事は愚考です(笑)

以前テレビで見たのですが、最先端のファッションリーダーは、自分に似合わない服を着るそうです。自分に似合った服を着ているのは、それで完成。それ以上の変化がなく、いつまでも同じ格好をしている事になってしまうそうです。

似合わない服こそ、新しい自分を作っていけるチャンスなんだそうです。

二ヶ月ほど前に、職場の飲み会に誘われました。ある上司を囲む飲み会なんですが、実はその人は私もちょっと付き合いづらい人で、職場内でも好き嫌いが分かれる人です。

私の仲間と飲みに行くと、みんなその上司の愚痴を言います。どちらかと言えば私もその人の愚痴を言いたい方です(笑)

仲間内では愚痴合戦は止まりません(笑) 実生活では、愚痴を言わないと思っていても、周りの人のマイナス思考に晒されてしまう事は多々あります。欠席裁判は良くないよ、愚痴はやめようよ、なんて言ったら場を盛り下げてしまいます。

私は愚痴をやめたいので、仲間内で飲みに行く時は、その人と仲間の板ばさみになります。

周りを変えることは出来ません。自分の思い通りに他人は動いてはくれません。

どうしますか?

↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

思考の癖 [思考の手がかり]

愚痴を言ったり、批判をしたり、心配をするのは、心のどこかに植えつけてしまった癖です。「そう思考するものだ」という思い込みです。

イメージトレーニングで、いつどんな時でも訳もなく「ありがとうございます」を言う癖がつくと、ありがたくない事に「ありがとう」言わなくちゃいけない事に多くぶつかります。

これが自分のマイナス思考の癖を見つけ、変えていくチャンスとなります。またありがとうと思い直すことで、現在のマイナス思考が、将来のマイナス現象を呼ぶ連鎖を断ち切ることが出来ます。

思考した事は実現していきます。脳も現実と想像の区別がつかないので、思考したとおりの状態になるように、思考したとおりに勝手に働きます。

例えば知り合いの愚痴。「あの人はダメだ」と愚痴を言えば、いずれ自分がダメな状況が実現します。

相手の良いか悪いかは関係なく、愚痴を言う事は、自分の思考の癖に沿っているので、「自分にとって安定した状態」となっています。

そして大方の人は、自分にとっての安定した状態をどんどん強化していきます。癖と分かって、プラス思考に変えようと思っても、最初は違和感があります。癖を治すのは違和感を伴います。

だからほとんどの人は、本やセミナーでプラス思考を勉強しても、ついつい、自分にとって安定したマイナス思考癖の方へ戻ってしまいます。

最初はきれいだった部屋に、どんどん物が増えていくように、思考の隙間にはどんどん思考が入ってきます。

せっかくマイナス思考をやめても、またマイナス思考を入れたのでは意味がありません。

まずはいつどんな時でも訳もなく「ありがとうございます」を言う事で、マイナス思考に区切りをつけていきます。

思考は実現していきますので、誰かあるいは何かの愚痴や批判をする事は、自分自身の愚痴や批判をしている事になります。そして自分自身のこととしていずれ実現します。

愚痴からの脱出は、褒める事です。良い所を見つけて褒める癖を付けていくと、新しい癖に沿って思考することが「自分にとって安定した状態」となっていきます。

「すばらしい」と思考した事は、自分自身をすばらしいと思考し、いずれその状態を実現します。脳も心地よい状態を実現するために、思考したとおりに勝手に働きだします。

思うだけならお金はかかりません。何を思っても自由。それならば、ただの思考で損をする必要はありません。どんどん得をしていきましょう!

↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

不都合を感じる心の仕組み -4-2 [不都合を感じる心の仕組み]

育てる親が辛いと感じて人生を送っていると、「人生は辛いもの」と学習して育ちます。悲しみや不満を多く抱えて生活をしていると、「人生は悲しいもの」「人生は不満足なもの」と学習します。

「人生は辛いもの」と学習した子は、わざわざ辛い事、苦しい事、悲しい事等を見つけて人生を歩みます。

批判的な思考を学習して育った子供が何事にも賛成できないように、楽しい事に不都合を感じたり、他人が楽しそうにしている事にも不都合を感じます。

仲間の成功や幸せを素直に喜べずに、妬みを持つ人がいます。常に不都合を見つけ、家族や会社、仕事や職場の愚痴を肴に盛り上がります。

信頼関係が無かったり、喧嘩が多い両親の間で育つと、男女の関係は揉める事が愛だと勘違いをして育ちます。

不都合の中で育つと、自分にとって不都合である事に、一種の心の安定を見つけます。
ほとんどの場合、本人は自覚をしていないのですが、不都合が、ある意味で心地よいのです。不都合を探して思考することが正常であると思い込んでしまいます。


両親が愛し合い、信頼し合い、今を面白く前向きに生きている親こそ、最高の子育をしているのです。
どんな時であっても、「ありがたい、おもしろい、うれしい」と感じて笑顔で生きていると、子供も無条件でありがたいを感じ、全てをおもしろいと思い、うれしい奇跡を当たり前のように起こします。

大方の人は、自分が幸せである事に、お金や、物や、地位や名声を欲しがります。自分の幸せに条件付けを行ってしまいます。条件こそが自分の幸せを制限しているものです。

欲しいと望むことは、「無い」という状態に強い関心を持っている事になります。この強い関心を持った状態が創造されて「無い」現実が現れてきます。

親がいつも前向きにイキイキワクワクとしていれば、言葉で教えられなくても、子供はいつも幸せでいることを自然に正常と受け入れて育ちます。この子は欲しがりません。お金や、物や、地位や名声といった、幸せの条件付けを行いません。

有るという状態を常に受け入ているので、有って当たり前の人生の現実が現れてきます。

全ては「今の自分」です。今の自分が「あ・お・う」を感じてイキイキワクワクとして人生を過ごす事は、自分にも周りの人にも最高のプレゼントです。


↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

不都合を感じる心の仕組み -4 [不都合を感じる心の仕組み]

子育てで重要な事は、子供は言葉で教えてもらう他に、親の思考を学習するということです。

どんな時に笑うのか、どんな時に楽しいと感じるのか、どんな時に怒ればいいのか、親がどんな思考をしているのかを、自分の頭にインプットして行きます。

テレビを見て政治の批判をしていれば、政治と言うものが分かっていなくても「政治は批判するもの」と学習し、将来大人になってテレビを見て政治批判をします。

いえいえ、大人になる前から、例えば学級会等でクラスの政治を行うときは、批判的な気持ちを持って望むようになります。

会社や仕事、人付き合いの愚痴を言うと、会社や仕事には不満を言うものだと学習します。

この子は何が決まっても不満です。常に不満や批判的な物を見つけようとして、学校や会社と言った単位の政治にも批判的な思考から入ります。

本人は、そう思考する事が当たり前だと思っているので、自分の不満の原因が分かりません。

家族にも不満です。思春期を迎えた子供が親との距離を取りたがるのは、独立心の表れかもしれません。しかし家族の付き合いが上手くいかない事と、独立心とは、別の問題ではないでしょうか。

この子は、例えば家族で旅行に行く場合、行き先でも宿でも食事でも何かと不満を持っています。どんな場所で、どんな宿で、誰と行っても、何をしても不満です。

親も子供の不満の原因は分かりません。子供も、ただ不満に思うことで、自分自身が安定していると思い込んでいるだけですから。

身近な人に不満を感じたら、それは自分の姿の投影であるかもしれません。

↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

過去の思考を切り離す -6 [思考の手がかり]

実は私は掃除機も出しっぱなしです(笑) いつでも掃除機をかけられるように置いてあります。毎朝会社に行く前に掃除機をかけています。

3畳ほどの絨毯を休みの日に干して、布団叩きで叩くとものすごいほこりが出てきます。フローリングを拭くと真っ黒。ゴミ屋敷のおばあさんは、ゴミの上で寝ていたけど、自分もそんなに変わらないじゃないかって、呆れます。

母が部屋をモップがけに入ってくることもありますが、断っていました。以前は自分の部屋を勝手にいじられたくなかったから。つまり自分の思考を見られたくないとか、私の思考に勝手に入ってくるな、と言った感じでしょうか。

勝手な整理整頓も迷惑でした。これは雑然とした自分の思考を受け入れている証拠です。出来事に振り回されて、楽しいことに笑い、不都合なことに怒り、「やらなくちゃ」と思っている事を、自分の都合のいい理由をつけて後回しにしています。そしてぎりぎりの所か、手遅れになってから手を付けます。

これが人生なら、手遅れになってからでは遅すぎます。死ぬ間際に「やっておけばよかった」と後悔をしたところで手遅れです。

今も、母が掃除のついでに自分の部屋の掃除をしようとすると、断ります。
自分の事は自分でするのです。自分の人生は自分で創造するのです。
私は寝る前に部屋の片づけをして、朝会社に出る前に掃除機を掛けています。そして自分の部屋のドアを開けて家を出ます。

本棚ベッドの下に埃がたまってないでしょうか。テレビの裏やカーテンレールはどうでしょう? 全部自分自身です。

大方の人は死ぬ準備が出来ていません。だからこの先の人生を、不安なものに考えて、仮定を作り悩みます。

部屋の中を自分の人生を創造する大切な場所だと思って、心の整理だと思って部屋を片づけましょう。

↓ 整理整頓の時は「ありがとうございます」を言う。
↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

過去の思考を切り離す -5 [思考の手がかり]


私はあっという間に部屋を散らかしてしまいます。床に物を置いてしまうのです。読みかけの本、ティッシュ携帯電話テレビリモコン、DVD、帽子等々。洗濯済みの衣類もタンスの前に置きっぱなし。

試験勉強をする時に、勉強に手がつかなくて部屋の掃除を始めてしまった事はないでしょうか。私は勉強の前に部屋の掃除をするタイプでした(笑) 部屋が片付いてやっと勉強を始める(笑)

勉強じゃなくても、例えば確定申告とか、何か重要な書類を書き上げる前に、つい、整理整頓をしてしまう事はありませんか?

私の知っている作家さんで、ペンが進まないとファミリーレストランに行って、原稿を書く人がいます。ファミレスの方が気が散ってしまって、自分の部屋の方が原稿が早く仕上がるんじゃないかと思うのですが、彼曰く「ファミレスの方が落ち着くのだそうです」

彼も床に物を置いておく人で、持ち物の数も部屋の散らかりようもスゴイ人です。

自分の心の中の思考が現れてくるわけですから、部屋は自分の心の中を現しています。物が片付いていない状態は、心の中がいろんなことに気が散っている状態です。

自分の部屋が雑然としているのは、思考が雑然とした状態です。これでは、思考が色々なことに気が散ってしまい、なりたい自分へのイメージに焦点が合いません。

片付けの下手な、いえいえ、散らかし上手な私は^^、白井さんのように何でも箱を作っています。全部で10個も(笑) とりあえず箱の中に入れていって、3ヶ月手を付けなかった箱は、中身を全部捨てます。

「使っていなかったのだから、捨てても困る事はない。必要な物があれば、また新しく必ず手元にやってくる。ありがとうございます」と新しい物を受け取る準備とトレーニングをしています。

勉強をする事も、原稿を仕上げるのも、人生を創造するのも、気が散ってしまっては上手くまとまりません。

捨てる事は自分の心に直接働きかけられるので、効果的なイメージトレーニングになります。部屋を見て「あ、これが自分自身なんだ」と自分に気付いて「ありがとうございます」と言って掃除をすることです。

↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

過去の思考を切り離す -4-2 [思考の手がかり]


片づけの出来ない人によく売れる本が、片づけ本や、掃除の本です。ところが普通に片づけが出来る人の本なので、大方の片付けられない人には、役に立たないことが多いです。

私たちは「ほかの人と同じことができなくちゃいけない」「病気になったら治さなくてはいけない」といった常識に囚われてしまっているのではないでしょうか。

白井さんが「私は○○だからしょうがない」と諦めたり、「できない」「無理だ」「むずかしい」といった思考をせずに、「出来る事と、出来ない事が人よりはっきりしている」と認識することで、自分の中の悩みやこだわりを手放しています。

多くの人は、「もうこんな歳だから」「お金さえあれば」「もっと政治が良ければ」等と思いがちです。

「現状が違っていればいいのに」と不満に思っていれば、その不満の状況が、また現れて続くだけです。

冷たい話に聞こえるかもしれませんが、苦しみも悩みも喜びも個人持ちです。人の病気を理解し、何らかの手助けをすることはできますが、他人がどうにかできるものではありません。

自分の病気を受け入れて、自分ができることを選んで楽しく過ごすか、病気と闘って、苦しむ人生を選ぶかは、個人持ちです。

他人と比べて、他人と同じ幸せを手に入れようとする人生ではなく、「自分で、自分の人生を創造し、自分の生き方を、自分が味わう」。すべては思考から始まります。
不都合があるからこそ、幸せを手に入れるチャンスなんだと思います。

↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

過去の思考を切り離す –4 [思考の手がかり]

以前に、世界仰天ニュースというテレビ番組で「怠け者のレッテルを貼られた女性」という話がありました。

人に「だらしがない」と言われ、ADHDという発達障害が原因だとわかるまでは、人にできて当たり前のことが、自分にはできない、と悩む白井さんという方のお話でした。

作業を始めても、何か他の物が目に入ってしまうと、作業を放りだして目に入った物に取り掛かってしまう。掃除を始めると、全てがやりかけでドンドン散らかっていてしまう。

会社でも伝票を台帳にを書き写すだけの簡単な作業が出来ない。コピーを取ると曲がってしまう。真っ直ぐ書類が綴じられない。

苦手な事務から、化粧品販売の仕事に転職すると、瞬く間に営業トップ。業績を認められて管理職になると、苦手な事務作業が出来ず、また退職。結婚をしても、だらしがないと夫に言われて離婚

ある日書店でAHDについて書いてある本を読み、自分の事が書いてあるような気がして医者に行ってみると、自分がAHDだと診断された。

ところが、自分がAHDで片づけが苦手な事を両親に話すと、「怠け者の言い訳」と一蹴されてしまう・・・・。


ADHDは原因も治療方法もわからないらしいのですが、白井さんのすごいところは

「自分は出来る事と、出来ない事が人よりはっきりしている。」
「出来ないことも、それを認識することで方法を工夫しよう。」

と、思い立ったところです。

洗濯物を取り込んだら、たたんでタンスにしまうとわかっていても、次々に目に映った別の作業を始めてしまい、どんどん散らかってしまう。そこで、洗濯物は、洗ったらハンガーに掛けて、着るときにハンガーから直接着る。

整理整頓ができないので、整理分類はしないことにして、「何でも箱」を作って物をまとめておく。

苦手な仕事は無理をしないで同僚に任せ、自分が得意なパソコン業務は一手に引き受ける。

テレビを見た人で、片付けられない人には「え?これだけ?」といった、物足りない内容に見えたかもしれません。実際、片づけ方については、ほんの数分しか触れていませんでした。

白井さんの例は、天才、思考の切替といった話が凝縮されています。
重要なのは片づけ方や、病気の治し方ではありませんが、大方の人はそこに囚われてしまいます。


↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

過去の思考を切り離す –3-3 [思考の手がかり]

今度は、軽トラック一台分の荷物を実家に入れる為に、自分の部屋も片づけないといけません。

スキーの板とブーツが2セット。1セットは安売りで見つけて買っておいたものですが、一度しか使っていません。要りもしないのに「安かったから」で買ったもの。ほとんど使っていないのならお金の無駄遣い。

実家の洋服も、一人暮らしの間着ていなかったわけですから全部捨てました。漫画や雑誌も私の部屋を占拠しています。

オーディオ。買ったときは高かったからと、いつまでも使っていましたが、今はもっと小さくて音が良いものがあります。むやみに大きなスピーカーも一組。

賞状類の他に、卒業式の記念品まで何年も押入れに放置してありました。

いいえ。思えば全ての持ち物が、皆、記念品として持っていたのかもしれません。「高かったから、やっと手に入れたものだから、いつか使うかもしれないから」と、理由をつけて、記念品にして置いておいたんだと思います

それだけ自分が頑固なのかもしれません。

新しい物を受け入れるには、今の自分の考え方を捨てていく必要があります。
歳を取ると頑固になる、なんて言いますよね。新しいものが欲しいと思っても、両手に荷物をあまりにも持ちすぎていて、どうしても今手の中にある荷物を手放したくない、そんな状態が頑固なのではないでしょうか。

死ぬときには何も持っていけません。自分が囚われているものから解放されなければ、ずっとこの世に思いを残したままになってしまいます。

この先の楽しい未来の想像を創造していくのに、過去の自分を守ることは必要有りません。過去の思い入れを捨てられない、自分の思考を変えられない、あるいは変えたくない、そんな自分と別れを告げるチャンスだと思って掃除をしてみましょう。


↓ 人生は、心の引越しが出来るかどうか。 
↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。