So-net無料ブログ作成

自信・自分への信頼 7-2 [自信・自分への信頼]

いつも、不安や恐怖が私達を挫けさせます。

成功者を成功に導いたものは何なのでしょう?それは自分自身を信じることです。周りの誰もできなくても、「自分はできる」と、自分自身を信頼したのです。

癌を宣告されて「もうダメだ」と思った人と、「必ず元気になってやる」と思った人では、5年後の生存率に大きな開きがあることが知られています。前者は医者を信じたのでしょう。後者は自分を信じたのでしょう。

自分がどう思ったかで、結果は変わります。そこには、「医学的に何をやったからどんな結果が得られた」という根拠はありません。「治る」と思った人の方が生存率が高い事が判っているだけです。心の内側は医学では解明されていません。

ある「事実」に対して、「ダメだ」「元気になる」というのは意見です。自分の解釈です。自分がどう思ったかで、結果は変わります。

余命3ヶ月といわれて、勝手に「自分はあと30年間は生きる」と思っても誰も困りません。思うだけなら自由に勝手に思えばいいのに、それが出来ない人が沢山います。

頭の良い人は、時に「根拠がなければ、そう思えない」「仕組みが判らなければ使えない」「理解できない事はやらない」という考え方をします。自分の過去を守るために、新しい物事に対して「そうか、やってみよう」となかなか思えないのです。

まるで、交流方式を選択できなかったエジソンのようです。医療の現場の方がずっと柔軟な頭を持っていたりします。「心の中は数式のようには解明できないが、心のあり方で結果が変わるのであれば、医療に心のケアを取り入れよう」というお医者さんも病院も沢山存在します。

何を受け入れるかを決めたのは、「自分」です。

お医者さんが「余命3ヶ月」といったら、それは「その人の意見」という事にしか過ぎません。事実は病名だけです。そして意見は「これまではそうだった」という推測にしか過ぎないのに、「これからもそうであろう」と思い込みます。

「周りがダメだって言うから」「できるわけがないって言うから」と言われて、やりたい事を手放してしまう人は、病気になっても、「だって、お医者さんが言うんだから」「偉い学者さんが言うんだから」「専門家が言うんだから」と思うのではないでしょうか。

これまで治らなかった病気はいくつも克服されてきました。死の淵から生き延びた人も沢山います。この世の中に絶対も真実もありません。あるのは自分の心だけです。過去も未来もありません。あるのは今だけです。今、自分が何を思っているのか、選択するのか、という事だけです。

事実に対してどの様な意見を持つか、どんな解釈をするかは本人の自由なのに、私達は度々、自由を手放して不自由な思いに取り付かれます。なぜでしょう?

↓ いつもクリックで応援をしていただきありがとうございます!
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

【あおう会・創造の集い】12/18(土) 18:00~21:00
どなたでも参加できます。みんなで豊かさを引き寄せてみませんか^^

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 1

夏炉冬扇

こんばんは。心を強く持って生活するのが大切と私も思っています。
そう言う意味では明治の人は強かった。江戸時代は一層でしょう。
by 夏炉冬扇 (2010-12-08 17:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。